2011年02月13日

熊谷から寄居まで 荒川左岸ポタ その2

今日は4周連続法事の3回目。
精進落としの後、午後も3時になってましたが、贅肉落としと思ってポタへと出かけてみました。
先日、時間切れで途中離脱した「熊谷から寄居まで荒川左岸ポタ」の続きです。




まず花園橋で左岸に渡りスタートです。
RIMG3953.jpg

橋を渡りきってすぐのところから140号バイパスと荒川の間の道を通ります。
RIMG3954.jpg
もうだいぶ日が傾いてますがなんとかなるだろうと進みます。

訓練ご苦労様です。
RIMG3955.jpg
花園消防署

消防署の先の小さな交差点
右に行くと洋のテイスト、フォレスト。
RIMG3956.jpg

左に行くと和の香り、隠れ河原のかりんとうやさん。
RIMG3957.jpg
どちらでもお好みでどうぞ。

今日のところはまっすぐ進みます。

時折荒川の対岸も見えます。
RIMG3958.jpg
前回の右岸のポタでふれた「埼玉川の博物館」の日本で2番目に大きな水車も見えます。

さらに進むと、また小さな十字路。
RIMG3960.jpg
ここも右に行っても左に行っても同じ施設に行けますが、いつもの通り直進です。
先日ごく一部の方から詳しい情報をとのリクエストがありましたが、電話番号で勘弁してください。
しかし、あんな上の方にどうやって貼るのでしょう。

この後、寄り道しなければ道は自然と140号バイパスと合流しますので、しばらく側道を走ります。

この先の国道140号が国道254号線と交わる交差点(玉淀大橋北)は道路の構造上、自転車は通れませんので歩道橋を利用します。
「いったい日本の道路行政はどうなってんだ」なんてブツブツ言いながらも歩道橋に登ると意外にいい眺めなので先ほどの不満も少しは和らぐかな?
RIMG3961.jpg
玉淀大橋の向こうに見えるのは笠山。だいぶ雪が積もったようですね。

この後は、140号バイパスの側道、歩道を通り、中小前田の交差点を左折し、140号の旧道に入りしばらくこの道を進みます。

途中の骨董屋さん
RIMG3963.jpg
木製ホイール。ちょっとサイズが合わないみたいです。

東武東上線の終点寄居駅の一つ手前の玉淀駅
RIMG3964.jpg
スペースがなかったのでしょうね。ホームがひとつしかありません。

この踏切を越えたら駅方向に左折します。
駅前
RIMG3966.jpg

駅を過ぎたらまっすぐ道なりに緩やかな坂を下って行くと、荒川の崖の上に出ます。
RIMG3968.jpg
東上線の鉄橋。

ここから上流の正喜橋にかけては夏は涼しく、秋の紅葉もきれいでなかなか素敵な散歩道です。
今日はちょうど紅梅が見頃でした。
RIMG3970.jpg

初夏の様子はこんな感じ。
RIMG0040.jpg

崖の途中の岩の上に小さな祠がありました。
RIMG3976.jpg
水天宮ということです。
川にポールがたくさんつるされていたのでカヌーの大会でもあるのでしょうか。

対岸ではバイクのトライアルの練習も行われていました。
RIMG3969.jpg
ハプニングを期待していたのですが、みんなお上手で残念でした。

夏には鮎釣りも行われるし、いいところですね。

宮沢賢治の歌碑がありました。
RIMG3982.jpg
RIMG3984.jpg
地学の研究で長瀞を訪問した時に、こちらにも立ち寄ったとか。

なおも川沿いの道を進むと正喜橋に出ます。
RIMG3987.jpg
川向こうが鉢形城址です。

県道を渡りうなぎ屋さんのあるクランクの道を抜けると
RIMG3989.jpg
真実の口がありましたが、一人なのであのおなじみのギャグが出来ませんした。

さらに川沿いに進み、京亭を過ぎしばらく行くと玉淀河原の入口です。
RIMG3990.jpg
ここを下って行くとトイレや水がありますので休憩にぴったりです。
ただし、コンクリートの坂には例の○印が刻印されていますので念のため。

この前も登場しましたが、鉢形城の落城悲話の舞台の淵。この上に鉢形城の本丸があったようです。
RIMG3265.jpg
水の色がビアンキの色チェレステみたいです。

ゴールはもう少しなのですが、いつものようにダラダラ書いていたら長くなってしまいました。
続きは後日ということで。
















ラベル:玉淀
posted by tomochan at 19:03| 埼玉 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 勝手に観光協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若かりし頃、電柱に電話番号が沢山貼ってあるところの左の施設は行ったけど右は無いです。
右側のレポもお願いしたいのですが・・・

玉淀河原、「あきちゃん」のタイヤキでも食べながらぼんやりしたいですね^^
Posted by ZERO at 2011年02月13日 21:48
玉淀あたりの写真は、ノン子が出て来そうですね。
玉淀河原は自転車で降りて帰りにいつも後悔してます。
Posted by 銀輪乗士 at 2011年02月13日 22:46
ZEROさん
左も右も行ったことがありません。
行く用事もないのでレポの方はなかなか・・・
玉淀河原に行く前にあきちゃんでタイヤキ調達しておくというのはいい考えですね。
だんごや、饅頭のおいしい店もありますよ。

銀輪乗士さん
この後「ノン子橋」の近くを通りました。
玉淀河原は今日は時間がないということで降りなかったので後悔しないで済みました。よかった。
Posted by tomochan at 2011年02月13日 23:05
ビアンキのチェレステ…本当に良い色ですネ。tomochanのセンスが伝わってます。
Posted by のっぽ at 2011年02月14日 09:36
なんか意味ありげなほめ言葉。ここは素直に受け取っておきますか。
玉淀の水の色よりも玉淀河原に下りる坂の鉄パイプ(最後から2番目の写真)のほうが自転車の色に近いですね。^^
Posted by tomochan at 2011年02月14日 12:54
我が町もこうして見ると良いところですね。
次回は看板のないソースかつ屋さんのレポもお願いします。
最近は、色んな美味しいタイヤキがありますが
あきちゃんのタイヤキを久々食べると懐かしいようなおいしさですね(^.^)
Posted by Refresh at 2011年02月14日 18:39
その食堂の前は通りましたが、今回は時間の関係でスルーしてしまいました。
次回は店内からのレポをしたいと思います。
たい焼きも何でもシンプルなやつに限りますね。
Posted by tomochan at 2011年02月14日 20:24
ビアンキのチェレステ色の
ミニベロかっこいいです☆
Posted by hayaozu2002 at 2011年02月15日 22:51
初夏に行った時ニャンコに人気でした。(^^)
Posted by tomochan at 2011年02月16日 08:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。