2011年02月05日

寄居〜熊谷荒川右岸ポタ 前編

明日は先週に引き続いて法事。明日を入れてまだ三週連続であります。
そこで今日だけでも思い、久々に自転車で出かけてみました。といっても、午後には仕事の約束があるので半日限定でのポタです。
さて、どこへ行こうか。
今日のアド街は深谷市らしいです。放送されて賑やかになる前に行ってみたいところがあるのですが、半日ではとても廻りきれないと思い断念。
では、どうするか。
以前も書いたことがありますが「荒川ぐんぐん自転車旅マップ」という本を見て来たのでしょうか、今まではロードバイクなどほとんど見なかったような場所で自転車乗りをよく見かけるようになりました。
でも、道に迷ったのか同じところをグルグル回っている人も多く見かけます。

そこで私も何度も走った道ではありますが、改めて道案内を兼ねて寄居から熊谷の荒川大橋までの荒川右岸を走ってみることにしました。
実際は家を出てすぐに自転車で下流に向かったのですが、それでは途中からで分かりづらいと思い、仕事が終わった後、車で折原橋まで向かい、そこからスタートすることにします。

秩父方面から140号を来て寄居町の末野交差点を右折したところの折原橋です。
RIMG3766.jpg

お好きな方は玉淀ダムを渡るのも良いでしょう。
02.jpg
ただし、自転車は降りて歩いてくださいね。

折原橋を渡ったら信号を左折。
03.jpg
小さくて分かり難いですが、右手に豚肉の味噌漬けの看板があります。豚肉の味噌漬けといったら秩父が有名ですが、寄居のものもおいしいですよ。

JR八高線の踏切です。
04.jpg
ちゃがまというまんじゅう屋さん。ちなみに私はチョコバナナまんじゅうが好きです。^^

鉢形城址への登り坂
05.jpg

登り切ると右手に大きな桜の木が見えます。
06.jpg
樹齢200年くらいのエドヒガンサクラです。ソメイヨシノよりも早い時期に咲きます。

鉢形城の本丸跡入口
07.jpg
トイレが有ります。
今日はトイレの紹介だけ。^^

国道254号の旧道に出たら右に曲がります。左折すると正喜橋を渡って寄居の市街地です。
08.jpg
正面は鉢形茶屋という崖っぷちに立っているお蕎麦屋さん。崖っぷちと言ってもロケーションのことで経営のほうは安泰だと思います。

東武東上線の鉢形駅前までやって来ました。
09.jpg
せっかくだから、話のタネに埼玉県一短い(当方調べですので当てになりませんが)県道253鉢形停車場線(延長43m)を走ってみて下さい。

鉢形停車場線を完走したら鉢形駅前を右折
そしてすぐ左折して踏切を渡ります。
10.jpg

踏切を渡ったらすぐお寺の角を右折。
11.jpg
角に「上田古奇木館」という小さい看板があります。

東上線の線路伝いに進むと道路が急に3分の1位の幅になるところがあります。
12.jpg
ここを左に折れて坂(短いですが激坂)を下ったところが埼玉川の博物館です。
日本で2番目に大きい水車が有り、子どもの遠足とかに人気があるようですが、大人向けの展示会などのイベントもやっていることも多いので時間のある方はどうぞ。

先ほどの看板の「上田古奇木館」
13.jpg
顔見知りのおじさんの自宅兼コレクション展示場です。
何度もお邪魔していますがコレクションは見たことがありません。
見たことはないのですが、家の工事中に外壁よりも先に展示物の大きな木の根っこが建物の中に収まったのは見て知ってます。
ホームページはこちら。上田古奇木館
ホームページよりも行った方のブログの方が参考になります。(^^)とてもマニアックなところです。
入ったことないのにわかります。

さて、上田古奇木館から更に下流に4〜500mほど進むと、また道路の幅が狭くなるところがあります。
14.jpg
大体皆さん、このあたりで迷子になるようです。
ここへたどりついたら、道なりにまっすぐ200mほど行った交差点を右折して、坂を登って東上線のガードをくぐればばいいのですが、右折しないでそのまままっすぐ行って分からなくなってしまう人が多いようです。そうなるとどうなるかは別の機会に紹介します。

ここをめざしましょう。この上にガードがあります。
15.jpg

これがそのガード。
16.jpg

ガードをくぐって坂を登ります。
ちなみにこの坂は荒川の河岸段丘で、熊谷市と東松山の境あたりまで続いています。

登り切ると県道81熊谷寄居線に出ます。
RIMG3554.jpg
下流から来た場合は「マルナカ商店」が目印です。(手押信号有り)

これからやっと今日のポタの話になるのですが、続きは次回と言うことで。




posted by tomochan at 19:49| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 勝手に観光協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はいつも12枚目の細い道のほうを直進して、15枚目&16枚目の道に出ています。

で、最後の「止まれ」の「れ」がやたらとデカイんですよねw
Posted by きーじぇい at 2011年02月05日 20:14
気のせいか東上線の車両が珍しいもののような・・・(^^
Posted by Kac at 2011年02月05日 20:18
丁寧なルートガイドになっていて良いですね。
拙は今日の夕方、鉢形から鎌倉古街道、押切橋まで走りました。午前中に通ればお会いできたかもでしたね。
Posted by 銀輪乗士 at 2011年02月05日 20:37
きーじぇいさん
えー、きーじぇいさんもいらしたことあるのですか。さすがですねえ。
このあたりの道路にペイントしてる人、知ってる人なので良く言っておきます。(^^)

Kacさん
良く気付かれましたね。
二重の意味で珍しいのでは。
まず、車両が古くて珍しいですね。小川から先はみんなこれです。
次に、車両がダブって写ってます。
原因はカメラのISOが800になっているのを忘れて撮ったからでしょうか。よく分かりませんが変な写真が撮れました。

Posted by tomochan at 2011年02月05日 20:43
私も迷うと言う場所で直進して、あろうことか秩父鉱業を爆走したことがあります。
こんなに詳しく書いていただければ、もう迷いません!
Posted by ZERO at 2011年02月05日 22:13
銀輪乗士さん
何と奇遇ですね。残念なことをしました。 このあたりの荒川は右岸が走りやすいですね。

ZEROさん
秩父鉱業を爆走した人の証はタイヤが真っ白なのですぐに分かります。(^^)
そのままだと街に行く時は恥ずかしいのできれいにしないといけませんね。
Posted by tomochan at 2011年02月05日 22:48
だんだん我が家に向かって来るのかな〜と思って居たらtomochan家付近に誘導されて…。そう言えば、去年秋頃そこいら辺をキョロキョロ、ウロウロして見ましたが人影すら見つける事が出来ませんでした。皆さんに分かる様、入り口に「サイクリング案内所」の看板でも出して貰えませんか。
Posted by のっぽ at 2011年02月05日 23:31
そう、あのあたりは人間の数よりも豚や牛の数の方が多いらしいですから道を聞こうにも人間がいませんからね。
ちょっと、失礼じゃありませんか。^^
じゃあ、のっぽさん、かっこいい看板作ってください。

Posted by tomochan at 2011年02月06日 09:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。