2010年12月01日

自転車小技・ウエストバッグをフロントバッグに。

いつまでたっても自転車に関しては初心者のままで、その上心配性ときているので自転車で遠出の時はあれもこれもと何でも持って行きたがります。
そのくせ、使っているサドルバッグは見栄を張って480mlと小さく、チューブと携帯ツールくらいしか入りませんので、入りきらない物はウエストバッグに入れて携帯していました。

しかし、ウエストバッグは動いているうちにだんだんとズリ降りて来るし、だいたい鮎川のサイクリングの時みたいに、体から離した時にどこかに置き忘れてしまったりする心配があるので、何かいいバッグはないかと探してみました。

でも、なかなかぴったりの大きさの物が見つからないので最近ではこんなことをし始めました。

ちょっと小さめのウエストバッグ
b01.jpg

ベルトをハンドルバーの水平の部分に巻き付け上に回してカチッっと止めます。
b02.jpg

フロントバッグの出来上がりです。
b03.jpg
シフトケーブルにちょっと触れてますが変速などに問題はありませんでした。

ベルトに余裕があればこんなことも出来ます。
b05.jpg
ウィンドブレーカーなど軽い物なら上に乗せても大丈夫。

いいことを発見したと喜んでいましたが、先日みたいに肝心な中身を入れるのを忘れてはどうにもなりませんね。


今日の御荷鉾山
mikabo.jpg


posted by tomochan at 19:11| 埼玉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 自転車アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウエストバックをフロントバックに、この前試したけど、腰回りがスッキリして大変よかったです。またよろしく!
Posted by k at 2010年12月01日 20:25
何度も言うようですが、中身を入れるのを忘れないでくださいね。
「どこにでも 有ると思うな サイクルあさひ」
あ、自分のことか。
Posted by tomochan at 2010年12月01日 21:14
便利な使い方ですネ。真似したいと思います。
Posted by のっぽ at 2010年12月01日 22:19
こんばんは
ウエストポーチの
新しい使い方ですね☆
Posted by hayaozu2002 at 2010年12月01日 22:55
のっぽさん
当方貧乏人なのでこのような小技をやらざるを得なかったのですが、のっぽさんはいいバッグお持ちではないですか。
でもBD−1でやられるならハンドルの内側に掛けるといいみたいです。今やってみました。

hayazouさん
おはようございます
塩沢峠で麓でなくしたのはこのバッグです。
小峠あたりでジロジロ探していただきありがとうございました。(^^)
はじめからこうしておけば良かったです。
Posted by tomochan at 2010年12月02日 08:34
こんばんは。
おお! アイデアマンですね^^
全く違和感無いですよ!
Posted by ZERO at 2010年12月02日 20:13
私のビッグイベントだった軽井沢、あの時何かバッグらしきものが必要で、
タンスの奥の方をひっくり返したら、ミスドーでもらったウエストポーチが
出てきました。
それを、ハンドルに巻き付けて行って来たんですよ。内緒の話だけどね。
(^_^)
Posted by モッチー at 2010年12月02日 20:55
ZEROさん
ビンボー人ならではのアイデアです。(^^)
お金に余裕のある人は素直にモンベルかなんかのフロントバッグを買った方がいいですね。

モッチーさん
先にやられてたんですね。
もしかして、皆さんやられていることなのだったりして。
Posted by tomochan at 2010年12月03日 12:48
はじめまして、C.Nと申します。
このウェストバックの使用方法
はいいですね。今度やってみよう
と思います。
御荷鉾山の紅葉きれいですね。
Posted by C.N at 2010年12月03日 22:11
C.Nさん
コメントありがとうございます。
わざわざお買いになるほどのことはありませんのでウェストバッグをお持ちでしたらお試し下さい。(当たり前ですね)
ブログ拝見いたしました。
写真がお好きなようですね。また訪問させていただきます。
御荷鉾山は先日C.Nさんが長瀞からの帰り道に通られた県道81号線の塩沢交差点と花園橋南交差点の中間くらいの一本北の道で撮りました。
いつか、機会が有りましたら訪れてみてはいかがですか。

Posted by tomochan at 2010年12月04日 09:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック