2020年04月09日

埼北の車窓から 番外編

「埼北の車窓から」シリーズの番外編です。
つまり、どうでも良いシリーズの中でも更にどうでも良い写真というわけです。

昨日の朝、車で外出すると西の空に大きな月が出ているのでびっくり。
この日がスーパームーンの日であるとは知っていましたが、朝も見られるなんて知りませんでした。
今にも沈みそうなので撮影場所など選んでいる暇はありません。

とりあえず車の中からパチリ、パチリ、パチリ。
0001.jpg

0002.jpg

0003.jpg
三枚目は撮っているときは忙しくてわかりませんでしたが、撮影した写真を見ると風布の葉原峠だということがわかりました。


ここからは過去の車窓写真(言いにくい)です。

荒川に架かる重忠橋の上で工事渋滞に遭遇。
ここは上流方向の眺めが抜群なので、渋滞も苦になりません。
001.jpg

外秩父の山並みの奥には両神山も見えます。
002.jpg



田舎道の脇に咲く梅の木から放射状に幾筋もの紐が張られ、その紐にアルミ缶を加工した飾りが無数につり下げられています。
003.jpg

まさしく缶ツリーロード。
004.jpg
ちなみにジョン・デンバーの「TAKE ME HOME,COUNTRY ROADS」(カントリーロード)は大好きな曲の一つです。



荒川に架かる関越の橋の下
005.jpg
中央に武甲山らしき山が見えました。



サイドミラーを見ると若い女性がにこやかにこちらを見ています。
007.jpg
「あのー、助手席空いてたら乗せて欲しいんですが」

ということなどあるはずもなく、カーショップに立てられていた旗に印刷された女の子が写っていたのでした。
006.jpg


こちらは隣の車の車窓。

申し訳ないとは思いましたが、写してしまいました。
008.jpg
ダッシュボードの上にハンドルを挟んで左には「ブレーキ」、右側には「アクセル」と大きく書かれた紙が貼られてありました。
「ブレーキ」は黒い色で「アクセル」は赤い色です。
どちらかというとブレーキの方を赤にした方がいいんじゃないかと余計な心配をしてしまいましたが、その前にそんな紙を貼っている自体怖いだろう、ということですね。

私はまだ紙を貼るほどまでには至っていませんが、コペンのペダルを変えてみようとアルミ製のペダルを購いました。
10.jpg
標準のペダルは黒くてよく見えなくて踏み間違えそうですが
011.jpg
これならよーく見えて踏み間違いもないでしょう。
違うか。


posted by tomochan at 19:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。