2020年03月16日

深谷砂漠



昨日の朝、用事のために早く起きて外に出てみたところ、外秩父の山が真っ白になっているのでびっくり。
001.jpg

用事のついでに写真を何枚か撮りました。
002.jpg

003.jpg


そして今日。

朝からすごい風でした。

風の強い日が一番嫌いなのですが、仕事だったので仕方なく深谷市まで行くことに。

深谷市の宿根あたりにさしかかると

空がないてる すすけ汚されて

と、まるで深谷砂漠
006.jpg

004.jpg

005.jpg

007.jpg


道路の縁石には、飛ばされてきた土が厚いところで10cmくらい堆積していました。
008.jpg


車で数分走って櫛挽のあたりまで来てみると、至って静かなもの。
009.jpg
農家の方が長芋を掘っていました。

道路も遠くの方までみとうせます。
010.jpg

畑の利用方法が宿根のあたりとは違うのかもしれませんが、この一帯に存在する防風林の効果もあるのでしょうね。
011.jpg
昔の人の知恵は偉大だと実感した次第です。
posted by tomochan at 19:18| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

恐怖の報酬

昔、テレビで見た映画に「恐怖の報酬」というのがありました。

莫大な報酬と引き替えに、いつ爆発するかわからないニトログリセリンを満載したトラックを命がけで運ぶというような内容だったと思いますが、子供心にドキドキしたのを覚えています。
主演の俳優はジャン・ギャバンかとずっと持っていましたが、改めて調べてみたらイヴ・モンタンでした。


なぜ今、昔見た映画など思い出したかというと、先日ある光景を目撃したからなのです。

玉淀ダム下流の荒川に架かる有料道路の橋。
002.jpg



この橋でこのようなことが行われていたのでした。
003.jpg


004.jpg
何という機械かわかりませんが、作業員の方がアームの先のバケットに乗って、橋の点検をされているようでした。

映画とは目的と手段こそ違いますが、命がけの仕事であることは間違いなでしょうね。


見ていても心配でアームが安全な位置に収納されるまで見届けてしまいました。

005.jpg

006.jpg

007.jpg

008.jpg

009.jpg


その後も移動しながら作業は続いたようですが、あまり見ていて、約束の時間に遅れでもしたら大変なので、この辺で仕事に向かうことにしました。

仕事先から怒られて今度はこちらが「恐怖の報酬」になっては困りますからね。
posted by tomochan at 20:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

日帰りでみやこじま

昨日はみやこじまに行ってきました。

日帰りなのですが、なんだかんだしているうちに到着は午後になってしまいました。

この日のみやこじまは、3月とは思えないほどの暖かかさでTシャツ一枚でも良いような陽気でした。

IMG_20200309_142848.jpg

ハイ、みやこじまといっても、もちろん沖縄の宮古島ではありません。
本庄市の都島。
市の北部にある小さな集落です。

地名の由来は知りませんが、深谷市の四瀬八島と同じように、周囲の土地に比べて標高が高いため利根川が氾濫したときにこのあたりだけ島のように浮かんで見えたからなのでしょうか。
水害の時にも安全なので都のような島なので都島?
良くわかりません。


地図を見ると、田畑に囲まれた中にあって、小学校を扇の要にして、少しだけ開いた扇のような形をしています。
アーチ状になった扇の先端部分が堤防になっていて、そこから先は御陣場川と言う小さな川と、さらにその先には利根川が流れています。

冒頭の写真は、その堤防で撮ったもので、実は10年近く前にも偶然通りかかった際に、野仏と椿の木の取り合わせが趣深く感じられ、写真を撮ったことがありました。

その時は、椿も花も咲いてなくて、いつか花が咲いたときにまた来てみたいと思ったのですが、そのまますっかり忘れていました。

その時の写真
0313[1].jpg
菜の花がない方が良かったりして。


ところが、今回仕事で当地を訪れてみると、その石仏と椿の木が訪問先からほんの数十メートルのところにあったというわけなのです。


仕事が終わり都島を後にする頃には大きな月が
IMG_20200309_173400.jpg


IMG_20200309_173631.jpg

本庄の都島も良かったけど、沖縄の宮古島に行ってみたいものです。
その前に、沖縄本島近くにも興味深い離島がたくさんあるので、そちらを巡るのが先かな。
posted by tomochan at 18:10| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

園芸の話



クリスマスローズが好きで数年前から庭で育てています。
001.jpg

夏は日陰で冬は日当たりが良い広葉樹の下に植えてあります。
002.jpg

003.jpg

004.jpg

買うと結構高いので、自分で増やそうと思っているのですが、自然に任せているため5、6年で1株しか増えませんでした。


そこで昨年は、種を採取してポットで増やす方法にチャレンジしました。

花が咲き終わりそうになったら花をそっくりお茶のパックで覆って種が落ちるのを受け止めるのです。
IMG_20190514_063925.jpg

その種を秋にまいて一冬越した結果がこれ。
005.jpg
1鉢に10株として80株?

さらに咲き終わった花を集めてバケツの中に入れて置いた場所からもニョキニョキと。
006.jpg

昨年の様子
IMG_20190514_081815.jpg

もしかしてと思って、クリスマスローズの株の周りを見てみると
007.jpg
やっぱり、こちらにも芽がたくさん生えてきていました。

今まで、種でほとんど増えなかったのに今年はどうしたのでしょう。

やはり、今までになく冬が暖かかったからなのでしょうか。

しかし、この何十株、いや、100を越えそうなクリスマスローズの苗、一体どうしたら良いのでしょうか?

一鉢1000円で売り出そうか、などとただ今思案中です。


園芸の話の後は演芸の話。

今日は、林家たい平後援会春の総会の日。
本来であれば独演会で大笑いをした後、楽しい気分で帰路についている頃なのですが、今年は例の一件で中止。

数日前に届いた中止のお知らせ
008.jpg

最近では山田の春祭りと並んで秩父路に春の訪れを伝える一大行事となっている、かどうか知りませんが、ともかく我が家ではそのくらいの位置づけなので、とても残念な結果になってしまいしました。

とりあえず、今日もYouTubeの佰山ティービィーでも見るか。

posted by tomochan at 17:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | 植物をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

さわやかな朝

木曜日の朝のことです。

「花を召しませ」
001.jpg


メイちゃんの世話をしたあとは、終わりかけの梅の花など愛でていました。
IMG_20200305_070048.jpg

すると、突然黒い雲が流れてきてパラパラと雨が降ってきました。

雲が流れてきた西の方を見ると虹が出ていました。
IMG_20200305_071524.jpg

もう一方の端
IMG_20200305_072215.jpg


ジロジロファームの梅園を出て開けたところに行ってみました。
IMG_20200305_072547.jpg


虹の中を走る東上線と虹の中を歩く人
IMG_20200305_072410.jpg

虹の中を歩く人は、ゴミ袋持参で道路に落ちているゴミを拾いながら散歩をされていました。
虹といい、立派な行いといい、この日は朝からすがすがしい気分になりましたので、2日遅れですが、アップしてみたという次第です。



posted by tomochan at 16:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

ジロジロファームでトリの観察


ジロジロファームは田舎なのでいろいろな鳥がやって来ます。

ある日の夕方、集団でやって来た鳥たち。
000.jpg
ヒヨドリかムクドリでしょうか、何十メートルにも連なって壮観な眺めでした。
ピヨピヨだかピーピーだか、何かを相談するかのように盛んにさえずっていましたが、おそらく居心地が悪そうなので他のところへ行こうということにでもなったのでしょう、さーっとどこかへ飛んでいてしまいました。
こちらとしては、このまま居座られたらどうしようかと思ったのでほっとしましたけど。


さて、変わってこちらはお一人様。

ある朝、いつものようにジロジロファームに向かっていると、ファームの前の道に灰色っぽい大きな鳥がいるのが見えました。
001.jpg

アオサギか何かと思ってそっと近づいてみました。
サギだったら人の気配を感じるとすぐに飛んで行ってしまいますが、この鳥は全く逃げる様子がありません。
002.jpg
とりあえず、スマホでパチリ。

拡大してみると鷹の一種のようなので、あわてて自宅に戻り望遠ズーム付きの一眼カメラを持ってきて、またパチリ。
003.jpg

う〜ん。
スマホとあまり変わらないのが悲しい。
ズームと言っても200oだし一眼と言ってもフルサイズではないし。

ということでトリミングしてみました。
004.jpg

どうやら朝食中のオオタカのようでした。

オオタカはジロジロファームあたりでも時々見かけたことはありましたが、こんなに間近で見たのは初めて。
もう少し近くで見たいと、腰を落としたまま少しずつ近づいて行ったのですが、30m位まで近寄ったところ、さすがに気になったとみえて、獲物をつかんだままどこかへ飛び立って行ってしまいました。
005.jpg

オオタカが食事をした後
006.jpg
007.jpg
水かきが見えたのでカモだったかもしれません。
そんな大きな鳥も食べるのかとびっくりです。


さて、これからは打って変わってのんびりムードの写真です。

ジロジロファームの梅の木にやって来たメジロをスマホで撮りました。
009.jpg

メジロといえば、このブログではいつも横たわったメジロの姿ばかり紹介しているような気もしますが、久しぶりに生きの良い姿の写真を撮ることができました。

008.jpg
この梅の木は枝が茂りすぎてメジロがよく見えません。
来年は枝の剪定しなくてはと、こんなところで思ったりして。


昨年の暮れくらいから、メジロと同じように緑色をしたトリを見かけるようになりました。
緑色のトリと言ってもウグイスではありません。

昔から「梅に鶯」と言いますが、私は梅に木にウグイスが留まっているのを見たことがありません。
その前に、ウグイスの姿をまじまじと見たことさえないと言った方が良いかもしれません。

ではどんなトリかと申しますと、こちらです。

梅の木に留まる緑色のトリ
010.jpg

例によってトリミング
011.jpg


こちらは鳥の丸焼きのように見える流木
IMG_20191229_102104.jpg

まさしく「似鳥」

ジロジロファーム産の野菜も特別参加
012.jpg
014.jpg

こちらは「ニタリ」なのでした。
posted by tomochan at 18:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | 野鳥をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする