2020年02月17日

ラグビートップリーグ観戦記2

熊谷ラグビー場でのラグビートップリーグ第5節、第2試合はパナソニック ワイルドナイツVS東芝 ブレイブルーパス。
こちらは全勝対決ということで注目の試合でした。

P1020742.jpg
ワイルドナイツは前身の三洋電機 ワイルドナイツ時代から応援していたので、当然今日もこちらの応援です。

とは言っても東芝も数人の日本代表選手を含むすごいメンバーをそろえていますから、ついそちらにも目がいってしまいます。

特にこの選手は注目の的でした。
P1020737.jpg

P1020738.jpg

P1020752.jpg

ボールを持つたびに会場中から「リーチ」の声が。
このことは知っていましたが、生で聞くのは初めて。
野球や相撲の時のかけ声のように、高い声で叫ぶように「リーチ」って言うのかと思ったら、低くつぶやくような声で「リーチ」
これは予想外で、おもしろいものでした。

そして「リーチ」コールの後、会場には何とも言えないほのぼのとした雰囲気が漂うのです。
一瞬、ラグビーの試合であることを忘れさせそうなくらいでした。
やはりリーチマイケル選手の人となりがそうさせるのでしょうか。
ただ、残念ながらと言うか、ワイルドナイツファンとしては良かったのですが、この試合ではリーチ選手もあまり目立った活躍はできなかったようです。


試合の方は、最初こそ拮抗した展開でしたが、最終的には46対27でパナソニック ワイルドナイツの勝利で終わりました。

ワールどカップもそうでしたが、最近はボーナスポイントというものがあるので、勝敗がほとんど決まったとしても、勝っているチームも負けているチームも最後まで手を抜くことがないので、試合終了まで楽しむことができました。

結局午前中から2試合続けて見ましたが、時間が経つのが早く感じられて、まったく飽きませんでした。
プロ野球の試合(埼玉西武ライオンズ)も時々見に行きますが、試合展開にもよりますが、最後の方は飽きちゃって。
まあ、人それぞれでしょうが。

P1020761.jpg
深谷高校出身の山沢選手(中央)もトライを決めるなど大活躍でした。
深谷高校といえば東芝の橋本大吾選手も1トライを挙げて活躍したので、県北のラグビーファンはうれしかったのでは。


帰路につく人達。
P1020762.jpg
この日の観客数は、熊谷ラグビー場におけるトップリーグ史上最多の22700人とのことでした。

この状態ではいつになったらバスに乗れるかわかりませんので、駅まで歩いて行くことにしました。
「スクマム!クマガヤウォーク」と銘打って、熊谷市でもラグビー場から熊谷駅まで歩くイベントを行っているようだし。

歩いているとこんな火の見櫓を見かけました。
P1020763.jpg
身長2メートル3センチのワイルドナイツのサム・ホワイトロック選手だったら柱に登らなくても鐘を打つことができるかもしれませんね。

駅まで3.9キロメートルを50分。
最初は暑くもなく寒くもなくちょうど良い感じでしたが、駅に着く頃には軽く汗をかくほど。

最初はラグビー場までのアクセス調べにあくせくしたかと思ったら、最後にあせかくことになるとは。(^_^;)

posted by tomochan at 19:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

ラグビートップリーグ観戦記

昨日は熊谷ラグビー場で行われたラグビートップリーグの試合を見てきました。

ここのところ公私ともに多忙を極め、なかなか休みも取れない状態が続いているのですが、2ヶ月以上も前に予約して楽しみにしていた試合だったので、腹をくくって(ちょっとオーバーかな)見に行くことにしたのでした。

さて、試合会場の熊谷ラグビー場。
以前(と言っても数年前ですが)は、我が家から車で30分も走ればラグビー場の専用駐車場にスッと入れと記憶していたのですが、ラグビー人気沸騰中の現在はそんなことはとうてい無理だと思ったので、近くの駐車場に置いてそこからは徒歩で行こうかと思いました。

そこで予約制の駐車場を探せるサイトがあったので検索したところ、ラグビー場の近くはもちろん、2,3km離れたところの駐車場でさえ当日は予約で一杯の状態。

この様子だと、普段だとかなりの数がある熊谷駅周辺の駐車場も当日はおそらくいっぱいだと思うので、いっそ荒川の河川敷まで行ってそこの駐車場から自転車で、とも思いましたが、連れの分までの自転車がないためそれは断念しました。

自転車といえば、市役所の駐車場に車を置いて、そこからはシェア自転車という方法もあるようだったのですが、自転車の台数は少なそうだし、アプリをダウンロードしたりと自転車を借りるまでが面倒くさそうなのでやめました。そもそも市役所の駐車場は無料なので大混雑しそうです。

他に葛和田のサッカー場に車を置いてそこからシャトルバスという手もあるようでしたが、群馬方面からのお客さんで混雑するのではないかと考え、こちらも却下。
熊谷市への移転が決定したとはいえ、何しろ今はまだパナソニックのホームは群馬県太田市ですからね。


このように熊谷ラグビー場までのアクセスをあれこれ考えたわけなのですが、結局熊谷駅まで電車で行って、そこからシャトルバスで会場に向かうという、無難な策に落ち着いたのでした。


久しぶりに乗って楽しかった秩父鉄道の電車を降りると、熊谷駅のホームにパナソニックワイルドナイツのジャージを着た若者が数人いました。
よく見るとパナソニックの若手選手でした。

IMG_20200215_093432.jpg

ここで選手の皆さんと一緒に写真を撮ってもらい、サインとグッズをいただきました。

近くの係の人に聞いてみたら秩父鉄道とパナソニックのコラボ企画だそうです。
電車のヘッドマークにはパナソニックワイルドナイツのヘッドマークも飾られていたそうです。
気づかなかったなあ。
それにしても、なかなかやるな。秩父鉄道。

このイベントにすっかり気をよくして熊谷駅の外に出たのですが、駅の階段を下りてすぐ目に入ってきたのは延々と続く人の列。
シャトルバスを待つ人達の行列でした。
行列の最後尾は、100mほど離れたティアラ前のロータリー近く。
そこから熊谷駅のロータリーを巡って道路の反対側のバス乗り場まで列は延々と続いていました。

バス乗り場
IMG_20200215_094652.jpg

ボードには待ち時間45分と書いてありましたが、30分ほどでバスに乗れてやれやれ。

普通の日なら10分もしないで到着するのでしょうが、この日は渋滞のため時間がかかり、結局電車を降りて1時間くらいかかってやっとラグビー場に到着。
バスから見ていると、駅から徒歩で会場入りするする人もかなりの数いらっしゃいました。

もう既に第1試合の30分前になってしまっていたので、バックスタンドの中央部分はほとんど埋まっていて、やむなく端の方に移動して、何とか確保した席はゴールラインの真横という位置でした。
P1020759.jpg
でも、ゴールライン際のぎりぎりの攻防が見られて、試合が進むにつれて、これはこれで良いものだなと思いましたが。

熊谷ラグビー場には新しくなってから初めて来ましたが、立派になったので驚きました。
P1020721.jpg
このメーンスタンドがある場所は以前は芝生席だったと思います。

第1試合はキャノンイーグルスvsHonda HEAT
P1020722.jpg

どちらを応援しても良かったのですが、ホンダは我が地元とも縁があるので、どちらかというとホンダ贔屓で観戦しました。
ただ、キャノンには深谷高校出身の選手も所属しているので、その選手が途中出場したときには、活躍しないものかと注目して見ていましたが。


この選手がウォーミングアップでピッチに姿を現しただけで会場から歓声が。
P1020724.jpg
キャノンの10番、ご存じ田村優選手

結果はホンダの勝利でしたが、ラグビーの場合、観客が良いプレーにはどちらのチームにも拍手を送るというところが見ていて気持ち良かったですね。
まあ、優勝がかかったようなここ一番の大試合であれば違ったかもしれませんが。

第1試合の観戦記はここまで。
実は一枚のチケットで2試合見られるのですね、トップリーグは。

この後の第二試合の様子は後日ということで。





posted by tomochan at 19:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする