2019年11月21日

桜ケ谷をジロジロ その1

太田で昼食を食べた後、次の約束まで約1時間30分ほど有ったので、以前から気になっていた桜ケ谷に行ってみることにしました。
約束の場所は秩父市内だったので、移動の時間を除いて1時間位はジロジロできるのではないかと思いまして。

その前に太田の田んぼのチョウチョの写真を
001.jpg
刈り取りが終わった田んぼで、残り少なくなった花を求めて一生懸命な姿を見て、いとおしさを感じてしまいました。


では、桜ケ谷に参るとしましょう。
桜ケ谷は、「さくらがや」と読んで(昔の人は「さくらげー」と発音していたらしいです)赤平川を挟んで、太田のちょうど反対側に位置します。行政区画としては皆野町になります。

さて、県道からその桜ケ谷への道に入るといきなり立派な神社がありました。
002.jpg
案内板によると、延喜式内に秩父地方で記載された二社の内の一社なのだそうです。
もう一つは秩父神社ということですから、相当な格式の古社のようです。

本殿の脇に石塔がいくつか建てられていました。
003.jpg


夫婦和合
004.jpg

なるほど、この二基が以前聞いたことのある椋神社の陰陽石か。
005.jpg
手前の赤い石の方が陰ので奥の方が陽でしょうか。
陰の石の方はちょうど強い光が当たって、白く飛んでくれたので良い加減に撮れました。

裏からもパチリ。
006.jpg

この後再び表側に回り、改めて全体を見回して、上の考えが間違いであることに初めて気づきました。


それについては、また機会がありましたら書くことにして、先に進むことにいたしましょう。






posted by tomochan at 20:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。