2019年06月24日

アニマル柄なら歌舞伎町

なだらかなカーブを持つ上品で優美なボディだが、纏っているのは大胆なアニマル柄。
そこからすーっと伸びているパーツは、子鹿の脚のようにか細く長い。
それを優しく抱きかかえ、両手の指を動かせば、たちまちにして妙音を奏で始めるという。

そのような体験ができる店が新宿の歌舞伎町にあると聞きつけて、先日行って参りました。

白昼堂々、男の歌舞伎町一人歩き。
IMG_20190608_151347.jpg
久しぶりの歌舞伎町なのでおじさんは興奮マックス?

それにしても歌舞伎町は人が多いですね。
それもみんな若者。
笑い話に良くありますが、私のような田舎者からすると本当に祭りか何かをやっているかのようです。

行く店は決まっていたので、寄り道もせず(昼間だったのでそうするところもなかったのですが)その店に向かいます。

「ちんだみ、ちんだみ」

変わった店の名前なのでなかなか覚えられず、心の中で繰り返しながら探すこと10分。

ありました。

ちんだみ三線店。
IMG_20190608_150551.jpg

アニマル柄が選び放題。
IMG_20190608_150624.jpg
とは言え、ピンからキリまでなので、とりあえずピンの方にしておきました。


もともと沖縄の民謡やポピュラーソングが好きだったのですが、先日も記事にしましたが、娘夫婦が沖縄に移住していったことも重なって、三線を初めてみたくなり、先日から習い始めたのです。

初回こそ、講師の先生の三線を貸していただいたのですが、やってみるとやはり自分でも欲しくなり、即購入したと言う次第です。
今時はネット通販という手っ取り早い方法がありますが、やはり自分の目と耳と財布の中身と相談して選びたいので実店舗で購入したというわけなのです。

店主さんが選んでくれた三線。
IMG_20190608_181721.jpg
初心者用ですが、一応本革。

我が家のハイビスカスが咲き始めたので一緒にパチリ。
IMG_20190617_115300.jpg
植木鉢が写り込んでいるのがご愛敬ですが、物干しや電線が沖縄っぽくないですか?^^


posted by tomochan at 20:17| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。