2019年04月30日

平成限定地元の秘境

先日の秘境訪問で思い出しました。

我が地元には他にも秘境があることを。

秘境といっても、正確に言うと数年前に一旦、誰の目にも触れるようになり秘境ではなくなったのですが、その後また秘境になりつつあるという場所なのですが。

数年前のこと。

荒川の段丘崖の森が数百mに渡って伐採され、丸坊主にされてしまいました。
001.jpg
(伐採されたといってもまだ秘境感たっぷり?)

それまでは森の他にも工場などがあって立ち入りが困難な場所だったのですが、それらが取っ払われてしまったのでどこからでも自由に入れるようになったのです。

その結果、荒川に流れ込む小さな沢に滝があるのを発見することができたのです。
002.jpg

003.jpg
落差2m程のナメ滝でしたが、既に関東平野に含まれている地域なのに、小さいとはいえ滝があったのでびっくりしたのでした。

昔からあったのだから発見と言うのも変ですが、少なくとも私はその時初めて見たので、発見したような気になってしまったのでした。

そういえば、このあたりには「滝ノ上」とか「滝坪」と言う小字名があるのを思い出し、その「滝」というのはここのことだったのかと納得したのでした。

もう少し上流に行ったところにある崖。
004.jpg

このあたりでは珍しい大きな岩が岬のように荒川側に伸びています。

このあたりの小字名は「立岩」

ということは、この岩の名が立岩?
006.jpg
近くに住む人に岩の名前を聞きましたが、知らないとのこと。

切り立った崖の上には質素な祠が建てられています。
005.jpg

崖の上の様子。
007.jpg
日本人は、と言うか日本人以外も同じようですが、このような巨石や巨樹、滝や淵、洞窟、磐座などに何か神聖なものを感じてしまうようで、祠を建ててしまうのもわかる気がします。

以前も取り上げたことがある馬頭観音。
090.jpg
かつての村はずれに建つこの石碑。
以前はうっそうとした雑木林のなかにあったため、忘れられたような存在で、近づくのも容易でなかったのですが、件の伐採で姿が顕わになったのです。

側面には文化十二年と刻まれています。
010.jpg
文化年間に建立されて以来ずっと暗い森の中で建ち続けてきて200年余。
平成の世になり、突然明るい日の光を浴びることに。

そして、平成が終わりを迎える今、滝も岩も、そして、この馬頭観音も、伸び始めた樹木により再び森の中に埋没させられようとしています。

平成の世限定の地元の秘境、いつか書こうとは思っていましたが、平成最後の日に書くことができて良かったです。

新しい年号はメイワなんだって?
P1020700.jpg
posted by tomochan at 18:25| 埼玉 ☔| Comment(2) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

平成最後の秘境探検

今日は平成最後の日曜日(もうなんでも平成最後です)というのに朝から仕事。
訪問先は深谷市だったので、行きながら関越の渋滞チェック。
001.jpg
これで渋滞でもしていれば、どういう訳か仕事にも張り合いがでるのですが、けっこうスムースに流れているようで、ちょっとモチベーションが上がりません。

それにしても朝から天気が良く、空気も澄んでいて谷川連峰始め遠くの山々がよく見えました。
002.jpg

帰ってからは、地元地区の役員の役目で意外なところに行くことになりました。

我が地元の地区は、そこだけぐるっと山や川に囲まれ、チベットにたとえる人もいるくらいの、人も風景も昔からまったくと言って良いほど変わってない土地柄なのです。

そのような地域にあって、今日は、さらに人気のないところに行ったのです。
住民でもおそらく95%以上の人は足を踏み入れたことはないでしょう。
チベットの人も行かないとなると、もうチョモランマ並ということでしょうか?

ただ、チョモランマと違って当地区の秘境は平地なので、この時期なら意外と簡単に行くことはできます。
003.jpg
さすがに夏は来ようと思いませんが、たぶんジャングルのようになっているはずです。

秘境とはいえ、木にロープがかけらていて、さすがに人間が活動した痕跡はあります。
004.jpg
かけらたロープが成長した木に食い込こまれてしまってます。
Y字形の木をコレクションしている江南の例のところへ持って行けば世界遺産に認定してもらえるかなあ?


森を抜けると荒川の流れ。
IMG_20190428_114437.jpg
上の写真の崖は地元では立岩と呼ばれているのですが、私が子供の頃には廊下のような出っ張りがあって、そこを伝って行き来ができたのでよく遊んだことを覚えています。
今はそれもほとんど削られてしまったようですが、今思うと、良くあんなところで遊んで無事でいられたものだと我ながら感心してしまいます。

崖の上の方には牡蠣の化石の層があります。
006.jpg
「貝がら渕」といって地学ファンには結構有名なところらしいのです。
このあたりの家庭には荒川で拾った貝の化石が庭先にゴロゴロと置かれていたりしますよ。(もちろんウチにもあります)
そういえば、「タモリ倶楽部」のタモさんもこの上流数百mのところまでおいでになりましたが、さすがにここまでは来ませんでしたね。残念でした。


こちらは荒川の対岸の様子
007.jpg
写真では良くわかりませんが、秘境感満載のこちら側と違って、大型電気店、直売所を兼ねたお菓子工場、外食チェーン店、ビジネスホテル、と何でも有りの賑わいよう。

夜間、こちら側から見る対岸の様子はこんな感じ。
009.jpg


これを見て、口の悪い人が言いました。
「どこかの国の国境地帯のようだ」と
008.jpg

まあ、そういうところが好きで住み続けている訳ですから、全然気にはならないのですけどね。
でもやっぱり、橋があったら便利かな。^^

今回の秘境訪問、平成最後に良い記念になりました。


posted by tomochan at 19:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

10連休始まる

世間ではいよいよ10連休が始まりました。
こちらはというと、いきなり仕事です。
といっても、顔なじみで、内容もたいしたことでもなかったので気楽なものでしたが。

まずは旧江南地区のお客さんのところへ向かったのですが、同じ方向なので「世界遺産」の神社に寄り道。
001.jpg


002.jpg

Y字形の木が展示されている場所
004.jpg
よく見るとY字だけではなく、端の方にはY字+アルファ的な木も陳列されていました。(クリックしても拡大されません)
前からあったかなあ?

こちらは初めて拝見するものです。
005.jpg
貴重な品だと思うのに盗難も恐れずに置きっぱなしにしちゃうなんて、太っ腹ですね。

帰り道は珍しく助手席が埋まりました。
006.jpg
農家なので「持って行きない」と渡されたのです。

次のお客さんの家でも
007.jpg
定員オーバー。

違う車で来れば良かった。
posted by tomochan at 19:08| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

平成最後の東秩父村訪問

春もまだ浅い時期から続いた東秩父村での仕事も今日で最後となりました。
ということは平成最後の東秩父村訪問?(もうそろそろこのフレーズも終わりにしないと)
2ヶ月後くらいにまた訪れなくてはならないのですが、その時は令和最初になるのかな(令和最初シリーズの始まり?)
いずれにしても、今日で一旦終了。

IMG_20190426_111306.jpg
最初の頃は、このあたりから見ると山々から杉やら桧やらの花粉が煙のように舞い上がって見えたものですが、今日は霧が立ちこめて、空気もしっとりとして気持ち良く感じられました。

棚田もずいぶん春らしくなりました。
IMG_20190426_111122.jpg

直売所の餅も桜餅から柏餅に。
IMG_20190426_120643.jpg
木や花よりもこういうところで季節の移ろいを感じたりして。
東秩父が本店の小松屋さん製でした。

昼食は和紙の里の蕎麦屋とかフードコートで摂ることが多かったのですが、今日は「そば処奥沢」にしてみました。
IMG_20190426_112545.jpg
昼食時は混んでいるような気がして今まで敬遠していたのですが、今日は時間が早かったので、初めて来てみました。

盛りそばと天ぷら
IMG_20190426_113752.jpg
平成最後の蕎麦(また言った)

味はもとより店主と女将さん?の人柄が良く、また来たいと思う店でした。
どちらかが誰かの縁者だと聞いたことがあるのですが、忘れました。

村役場にも立ち寄りましたが、相変わらずロケーションの良いところですね。
IMG_20190426_111948.jpg

仕事で各地の役所に行きますが、自然環境の美しさという点ではこの役場が県内一なのでは。
IMG_20190426_112006.jpg

そういえば、我が母校の中学校もこのような渓流いにあったけなあ。
IMG_20190426_112129.jpg
何しろ鉢形城跡の中でしたから。
今は取り壊されて歴史博物館になってますけど。

なんちゃって熊野古道?
IMG_20190426_121655.jpg
はたまたプチ戸隠?
交通標識や電信柱がご愛敬ですが、いつも気分良く通らせていただいております。


直売所では地元産の山菜も購入。
IMG_20190426_120655.jpg
ワラビ、コゴミ(だと思う)、そして行者ニンニク。
行者ニンニクは、一口、二口くらいは食べたことがあるような気がしますが、このようにたくさんの量は初めて。
本当に元気が出るのでしょうかねえ。

ベイビー ベイビー バッテリーはビンビンだぜ
いつものようにきめて ぶっ飛ばそうぜ

帰り道は鼻歌交じりにご機嫌でドライブ

とはいかず、峠道でエンジンを唸らせながら帰って来たのでした。

せっかく東秩父に来たというのに、今日の車はイニシャルDではなく、イニシャルS社のイニシャルE車(エブリー)でしたから。

posted by tomochan at 17:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

良いのか悪いのか10連休

10連休直前の今、世間ではその話題でもちきりと言ったところですね。

「10連休と言ったって5月1日は即位の日だから休日としても、4月30日と5月2日を休まないと10連休にならないんじゃない?官公庁も開庁してる訳だし、一部のめぐまれたひとだけだよな、休めるのは」
このように今までは思っていました。

ところが、今日の朝のテレビを見て初めて知りました。
4月30日と5月2日は、前日及び翌日が国民の祝日であるから休日になるのだとか。
そうなると、当然官公庁も休み。

待てよ、と言うことは、役所の転出期限が4月30日ということでしばらく前から必死こいて取り組んできた?仕事の締め切りも、4月30日ではなく、連休明けの5月7日になるの?
1週間も日延べ?

やったー!
これで少しは楽ができる。
久しぶりにどこか行っちゃおうかな?

喜びも束の間、冷静になって考えたら、仕事はまだ終わったわけではないので、期限が延びただけ苦しむ時間も延びるだけなのかも?

とにかく、早く仕上げて、世間並みとはいかないまでも、何日かは休みをとりたいものです。


近くにラーメン屋ができたので行ってみました。
IMG_20190422_124119.jpg
開店して10日ほどしか立ってないのに既に行列が。
SNSのたまもの?

IMG_20190422_122734.jpg
平成最後のラーメンかな?

リンゴの花
IMG_20190421_072320.jpg
リンゴ追分が歌いたくなります。^^
posted by tomochan at 19:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

平成最後


コペンシリーズ最終回です。

泥道は走らないと決めたはずなのですが、ちょっとだけだからと入りこんでしまいました。
IMG_20190418_142522.jpg

鳩山町に芝桜のきれいなところがあったからなのです。
IMG_20190418_142019.jpg


結果は見事なドーナツのできあがり。
IMG_20190418_145414.jpg

平均燃費は最高で19.5kmを記録しました。
IMG_20190412_130927.jpg
スピードメーターが140kmしか刻まれてないのが軽カーらしいです。
もっとも、制限速度内で気持ち良く加減速できればよいと考えているので、最高速は低くても気にならないのです。
実際、コペンは車高が低いため、普通の感覚より5km〜10kmほどスピード感が増す感じがするので、メーターを見ると思ったより低い速度で走っていることが良くあります。
それと後方や斜め後ろの視界が良くないこともあって、今までの車以上に慎重に運転しています。

「平成最後のマイカー」をコーヒーを飲みながらしみじみ眺める。
IMG_20190406_102834.jpg


「平成最後のグミ」というのがコンビニで売られていたので一緒にパチリ。
IMG_20190409_173030.jpg


平成の自分専用乗り物
IMG_20190401_120254.jpg
左から古い順にパナソニックのチタンバイク、ビアンキの小径車、ホンダTL125、コペン。
こうやって並べてみると、年齢とともに堕落してきたのが良くわかります。

いろいろ「平成最後」を見てきましたが、これが「平成最後の記事」になってしまうのでしょうか。

ちょっと寂しい気かな。
posted by tomochan at 17:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | コペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

コペンであちこち

イニシャル「D」社のイニシャル「C」車であちこち行った話の続きです。

川越市郊外の桜
IMG_20190409_120853.jpg
気がついた時には通り過ぎてしまったついたのですが、桜と富士山が一緒に見られるなんて我が地元では不可能なので、わざわざ引き返して撮りました。

P1020011.jpg
桜と富士山を撮ろうとしてもどうしても携帯電話の電波塔が入ってしまいます。
もうこれはこれで、現代の風景ですから仕方がないですね。

県庁の桜
IMG_20190409_133745-2.jpg

この日の目的は県庁ではなくて、県庁の隣の埼玉県の文書館というところで昔の資料を探すことでした。

文書館に行くのは始めてでしたが、古文書や古地図などが閲覧できて、なかなか興味深いところでした。

ホールに張られていた昔の絵地図
IMG_20190409_134517.jpg
地元のあたりを撮ってみました。
昔の人は、この程度の地図で旅をしたのでしょうか。
今度、知らないところでやってみようかな。

帰り道は北本の石戸蒲桜へ
IMG_20190409_153921_BURST001_COVER.jpg
と言っても、駐車場からパチリ。
以前自転車で来たことがありますが、コペンの先に見える桜の内の一本が石戸蒲桜だったはずです。

駐車場の桜も見事だったので、それだけでも満腹。
IMG_20190409_154410.jpg

IMG_20190409_155204.jpg


吉見のさくら堤
IMG_20190409_160620.jpg

別の日、用があったので風布へ
IMG_20190413_143503.jpg

IMG_20190413_143947.jpg

懐かしの旧風布分校
IMG_20190413_144921.jpg
この桜の下で映画を撮ったのは、もう3年前?

既に用も終わったのですが、塞神峠まで来てしまいました。
IMG_20190413_145915.jpg
自転車が車になったとは言え、坂道を見ると登りたくなってしまうのは変わりません。
しかし、車がセカンドで上るような坂道を以前は喜んで自転車で来たんですからねえ。
今考えると、どうかしてたとしか思えないですね。

山に登ったついでに関東平野が見渡せる場所に行ってみました。
IMG_20190413_151728.jpg
とても気持ちが良かったのですが、その代償は大きいものでした。
写真ではわからないのですが、途中で湿った林道を走ったせいでボディーに杉や桧の落ち葉がびっしりとこびりついてしまったのです。
コペンでこういうところに来ては行けないと良い勉強になりました。

それにしても見晴らしの良いところです。
IMG_20190413_151923.jpg
手前の山と向こうの山に挟まれて、寄居町が扇状地であるのが良くわかります。

平地に下りて男衾へ。

このようにカーブが連続する道はコペンの得意とするところ。
IMG_20190413_164625.jpg
世の中から直線道路をなくして全部カーブにしてしまおうという運動でも起こしたいくらいです。

いや、やっぱり直線道路もないと時間がかかってしょうがないですね。
IMG_20190413_163606.jpg
posted by tomochan at 20:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | コペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

堅い、堅すぎる!

前々回の記事では、定峰峠で撮った頭文字(イニシャル)Dの写真をアップしました。
頭文字(イニシャル)Dといっても、定峰峠も舞台になった、あの人気漫画のことではなく、イニシャルが「D」の会社の車で定峰に言って写真をパチリとしただけというオチだったのですが。

そのイニシャル「D」社の車ですが、3月末に納車されて以来あちこち走ってオドメーターが500kmほどになりました。
その間、ちょうど桜の時期と重なって、幸運なことに各地の桜を見ながらドライブ(仕事なので運転という意味です)することができたので、今回は各地の桜の様子を車の印象などを交えて綴ることにします。

その車はAIHATSUのコペンという車です。
IMG_20190409_123558.jpg
2人乗りのK(軽)カーですが、仕事の時はいつも一人で移動なので、これで十分なのです。
車名の由来は買ってから知ったのですが、compactとopenをくっつけた造語とのこと。


購入に至るまで、試乗はおろか、近くで現物を見たことさえなく、あるのはネットで知り得た情報のみだったので、一抹の不安を抱きながらの決断だったのですが、その気持ちは納車の後、ハンドルを握ってすぐ吹っ飛びました。
それどころか、なにやらふつふつと喜びみたいな感情があふれてきて、思わずニヤニヤしてしまったのです。

この車の特徴は、なんと言ってもスイッチ一押しでルーフが自動開閉すること。
IMG_20190406_123015.jpg
熊谷次郎直実の伝承が残る美里町は熊谷地区の蓮生堂にて

IMG_20190406_123046.jpg

IMG_20190406_123309.jpg

IMG_20190406_123720.jpg

IMG_20190406_123526.jpg


オープンにして風を感じながら走ると、十万石饅頭のCMのあのフレーズが頭をよぎります。

風が語りかけます。
うまい、うますぎる。

コペンの走り。

そういえば、色も形も十万石饅頭に似てなくもないなあ。^^


しかし、10分も走るとこうなります。

腰が語りかけます。
堅い、堅すぎる。
コペンの足。


確かにコーナーでもほとんどロールはなく、タイヤもグリップは良い(と思う)けど、体に違和感を感じるほどの足回りの堅さは、さすがにやり過ぎなのではと思うのは私だけではないのでしょうか。
腰痛持ちの方は無理でしょうね。

ガチガチサスにタイヤはBSのポテンザ。
IMG_20190407_090647.jpg

そう思うのはオーナーだけではなく、一緒に購入したドライブレコーダーも同じ意見らしく、ちょっとした段差で「録画やめます」と言って、すぐに録画することをやめてしまいます。(感度を一番鈍くしても同じ)
そのたびにいちいち復帰させるのも面倒なので、衝撃を感じると自動で録画を停止する機能はオフにしてしまいました。

それでも最近は慣れたというか、シートにどっしり座らないで骨盤を立てるようにしてショックをうまくいなすような乗り方(自転車のそれと似てない?)を身につけてきたためか、以前ほど気にならなくはなってきましたが。
posted by tomochan at 20:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | コペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

名残の雪


今日は、季節はずれの雪でびっくりでした。

IMG_20190410_104316.jpg

このような雪のことを「名残の雪と言っていた」

IMG_20190410_104509.jpg


IMG_20190410_104600.jpg

我が家の庭のフキ
IMG_20190410_124815.jpg
これくらいの大きさだと茎以外の葉もそのまま食べられます。


先日植えたばかりのクリスマスローズ
IMG_20190410_125329.jpg


もう少しで咲きそうな藤
IMG_20190410_124840.jpg

花桃
003-1.jpg

吉野桜
004-1.jpg

山吹
002-1.jpg

サクラソウ
001-1.jpg
posted by tomochan at 19:56| 埼玉 ☔| Comment(2) | 植物をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

頭文字(イニシャル)D


今年の2月に購入以来10年以上乗り続けてきたスバルのアウトバックを車検の時期が近づいたのを機に手放しました。

以来、ネットを中心に(基本中古車なので)次の車を探していたのですが、3月のお彼岸頃、とある中古車屋さんに条件の良い車が展示されているのを見つけたので、電話で確認してから見に行くことにしました。
気に入ったら、その場で契約してしまおうと印鑑を持参で。
000.jpg
爺が乗るのに6速マニュアルミッションはボケ防止に良いとして、イエローはさすがに派手かなとも思いましたが、逆に年寄りこそ目立って良いかななんて思ったりして。
アウトバックと比べるボディもだいぶ小さくなって、荷物などはあまり積めなくなりますが、今度の車は今までと違って、実用性抜きで、走るのが楽しい車にしたかったので、良い選択だと思ったのです。


そして、1週間後、待ちに待った納車。
004.jpg
あらまあ。
なんと、購入したのはスイフトスポーツではなくオープンカーだったのでした。
(車を引き取りに行った帰り道、気温10度の中、人のいないところで早速オープンにしてみました。^^)


実は、冒頭の写真にある、黄色いスイフトスポーツ(スイスポ)を見に行ったのですが、すぐ横に置いてあったオープンカーに心が奪われて、そちら買ってしまったのです。
実用性のことなどまったく考えることなく。

もちろん、まるっきりの衝動買いではなく、その車も候補の一つで、ある程度調査はしていたので、展示されていた車の条件の良さに、これは買うしかないと、即決しまったというわけなのです。
その時は「この車は私に買ってくれと言っているようなものですよね」
と、お店の人に語りかけて苦笑をさせてしまったほどの気の高ぶりようだったのです。

そんなこんなで、お気に入りの車を手に入れることができたので、翌日早速仕事を兼ねて走らせてみることにしました。
目的地は、ここのところ週に1〜2回は訪れているという東秩父村。

3月の初めの頃は花粉がひどいものでした。
IMG_20190308_093858.jpg

この日は、花粉も収まり、隣の家の花桃が満開でした。
IMG_20190323_093905.jpg

さて、東秩父村と言えば頭文字(イニシャル)Dにも登場した走りやには有名な所。(あまりよく知らないのですが)

と言うことで東秩父のイニシャルDを探しに和紙の里の農産物直売所へ。
IMG_20190331_133047.jpg

大福、どら焼き、大根、大豆など、いくつかの「D」があったなか選んだのは
ind.jpg
草大福。
やっぱりこの時期は草大福が一番。

イニシャルK
ink.jpg
手作りっぽいので買ってみました。

最後は聖地巡礼で例の場所に行って本当のイニシャルDを撮ってみました。
IMG_20190331_135951.jpg

なんーだ。
こんにゃくと同じKじゃん。
posted by tomochan at 20:35| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする