2018年10月08日

先週の散歩写真

冷え込んだ朝に、秩父谷からあふれ出た朝霧が外秩父の山を越えて関東平野に流れこむ様子が見られる時期になりました。
000001.jpg

望遠にして撮ってみましたが、我がお散歩カメラHUAWEI P20は、焦点距離2倍以上になると画質が極端に悪くなります。
00001.jpg

まあ作品を撮るわけでもないし、移動中はポケットに入れて、撮りたい時にサッと取り出して、即座にシャッターが押せる機動性の方を重視していますので、その点では重宝していますが。
001.jpg

ついこの間までは元気よく飛び回っていた鳥さんですが
0001.jpg

稲刈りが始まり
002.jpg

稲が残り少なくなってきたせいか元気がないようです。
002-2.jpg

元気の秘訣は「きょうよう」と「きょういく」だそうですから、スズメを追い払うという「用」がなくなってしまったので元気がなくなったのでしょうか。


その田んぼの脇の水路沿いに毎年ツリフネソウが咲く場所があります。
005.jpg

今年は、その水路をこまめに除草していたようですから、ツリフネソウも生えてこないのではと危惧していましたが、少しだけですが花を咲かせていたので一安心。
004.jpg

望遠も弱いのですが、マクロも厳しいP20です。
003.jpg
腕が悪いだけかもしれませんし、望遠もマクロも何か特別の撮り方があったりして。
あまりいじってないので、まだわからないところが多いのです。

つい口に入れたくなってしまうような実。
008.jpg

007.jpg


お茶の花がもう咲いていました。
009.jpg
「もう」と書きましたが、正確にはいつ咲くものなのか良くわかりませんけど。
サザンカは山茶花と書くだけにお茶の花に良く似ていますね。

第2ジロジロファームから種が飛んで土手に生えてきたコスモス
011.jpg
この色のコスモス、コスモス畑では目立ちませんが、緑の中で一本だけ咲くととても存在感があります。

既出ですが、彼岸頃の写真
IMG_20180919_055823.jpg

今の様子
014.jpg

先日の台風で梅の木が倒れてしまったのだそうです。
子供の頃からこの景色に慣れ親しんでいたので、すっかり雰囲気が違ってしまって妙な気分です。

景色が変わるといえば、こちらの景色も間もなく見られなくなるので、記念にパチリ。
016.jpg
実際には中央付近の高台の上にあった木は伐採されて、すでに雰囲気はだいぶ変わっていますが、この後、高台が削られ手前の広い道路が延長されるとのことですから、雰囲気は何十年ぶりにがらっと変わることでしょう。

ここはかつての村境なので旧村名を記した石碑があったりしますが、それも間もなく移動されるとのこと。
012.jpg
「武州男衾郡保田原村露梨子村」とあります。


こちらは、ジロジロファーム近くのかつての村境に建つ馬頭尊の石碑。
006.jpg
存在を忘れられ花を手向ける人もない中、野生の朝顔がつつましくも飾り立ててやっているかのようです。

側面には文化十二年と刻まれています。
文化年間というと約200年前。
この石碑は今でこそ、明るい日の下に鎮座していますが、つい何年か前までは、薄暗い雑木林の中だったのです。
おそらく200年前にここに建立されたからずっと。
それが数年前に、ある目的のために木が伐採され、すっかり明るくなったというわけなのです。
これにはお馬さんもびっくりしたことでしょうね。

山羊もびっくり?
P1020697-2[1].jpg
おまえはひょっこりはんか?

散歩写真でない既出写真が出て来てしまったところでで失礼します。


posted by tomochan at 19:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。