2018年09月28日

骨なし骨付き肉?


トゲハムシという昆虫のことは、以前にもこのブログで話題にしたことがあったかもしれません。

ふと思い出す機会がありましたので、また書いてみることにします。


トゲハムシは体にトゲがあることからその名が付いたということなのですが、中にはトゲがない種類のトゲハムシもいて、それはトゲナシトゲハムシという名前が付いてるそうです。

そのトゲナシトゲハムシの仲間にもトゲのある種があり、トゲアリトゲナシトゲハムシと言うのだそうです。

もう何だか良くわからなくなってしまいましたが、似たような経験を最近しました。


「骨なしスペアリブ」

su1.jpg
(食べるのに夢中で中身の写真を撮るのを忘れてしまいました)

スペアリブって骨付きの肉のことなのでは?

ということは「骨なし骨付き肉」?


製造元ではネーミングの会議でさんざん議論した結果、「賛成の反対なのだ」と言うことでこの名前になったとか。
(嘘です)

骨なしと謳っているのだから骨がないのでしょうが、ちょっとおもしろいです。

肝心のお味の方はというと、珍しい名前だけあって珍な味でした。

まあ、ぞっこんになって骨抜きにされることはないとは思いますが。^^



posted by tomochan at 20:11| 埼玉 ☔| Comment(4) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。