2018年09月10日

書を忘れ、街に出てみた その1

この夏以来、週に一度、川越駅前の喫茶店(もしくはマック)でコーヒーを飲みながら読書にいそしむことが恒例になっています。

この日もマックに入り、少し涼しくなってきたのでいつものアイスコーヒーをやめ、ホットコーヒーとプチパンケーキを注文し、テーブルに着きました。
そして、おもむろにバッグを開いてみると、なんと読みかけの本が入ってないではありませんか。
4週目にしてやっと読了できるかと思っていたのにがっかりです。

ちなみに読みかけの本とはこちら。
doc02477320180910174304_001.jpg
ゴッホが浮世絵を初めとする日本文化に強く影響されたということは、よく知られたことですが、その陰にはパリ在住の2人の日本人の存在があり、ゴッホが苦悩しながらも彼らと関わるなかで傑作を生み出した物語と言えばよいのでしょうか。

「圧巻のラストまで 一気読み必至」と帯には書いてありますが、当方は1ヶ月かかってやっと読み切ろうという体たらく。
決して内容がそうさせているというのではなく、本に出てくる「タンギー爺さん」ってどんな絵だったかな、「ゴーギャンの椅子」はどういう絵かなと、いちいちスマホで検索しながら読み進めるのでなかなか進まないのです。
もっとも、内容が頭に入らないということが一番の理由かもしれませんが。

と言うことで、読みかけの本を忘れて、これから1時間半から2時間、何をしたらよいのやら。
スマホでもいじる?
いい年してそれもできないよな。
というより、目がついていかないのではと思う。

「喫茶店の椅子に腰掛けていても、何も始まらないんだよ」

どこかでそんな声が聞こえたような気がして、外に出てみることにしたのです。

「書を捨てよ、町に出よう」

ならぬ、「書を忘れたので、街に出でみた」


と、ここまで前書きだけ書いたとこで時間になってしまいました。

街の様子は次回と言うことで(まあ、たいしたことはないで期待はしないでいただきたいと思います)


posted by tomochan at 19:19| 埼玉 ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。