2018年04月08日

二刀流の終焉

もちろん大谷翔平君のことではないです。
なにしろあちらの二刀流は、始まったばかり。
しかも、誰にも予想できなかったような華々しさでのスタートでした。

約1年前から関わってきた映画『おくれ咲き』も先日いよいよクランクアップを迎え、ワタクシの映画と自分の仕事との二刀流生活も終わりを迎えることになったのでした。

え?
たかが自転車運びなのに映画人気取り?

失礼しました。
たしかに二刀流を名乗るには、それぞれにプロフェッショナルな技量を持ち合わせてなくてはならないのでしょう。なにしろ本業だって中途半端なんですから。

プロの技量といえば、今回の撮影では本当のプロの技を間近で見られことが良かったと思いました。

さて、撮影中の模様は『おくれ咲き』公式ホームページや大変さんのブログ『そら色チューブ』などをご覧いただくとして、このブログではマイ自転車の活躍の様子をご紹介したいと思います。
(4月8日の朝8:00文化放送『林家たい平のたいあん吉日!おかしら付き♪』で、たい平さんが言及されていましたので興味のある方はラジコのタイムフリーで聴いて下さい。)

満開の梅の花の咲く里で始まったロケ。
03-14-112.jpg

終わった頃には桜の散る季節になっていました。
CIMG2173.jpg

その間、マイ自転車のフレッタ君もいろいろなところにたい平さんに連れて行ったもらいました。
03-22-74.jpg

IMGP1335.jpg

03-14-63.jpg

IMGP1893.jpg

IMGP2418.jpg

IMGP2333.jpg

以前の記事でフレッタ君が強制的にパンク(空気を抜かれた)させられたと書きましたが、あれが3月16日のこと。
その後、3月30日、やっと直すことが出来ました。
IMGP1930.jpg

しかも、とおく離れた深谷市の自転車屋さんで。
IMGP1896.jpg

もちろんこれは、映画やドラマ特有の時系列を無視してばらばらに撮ってゆくやりかたのためであって、たい平さんが2週間かけて深谷まで自転車を押していったわけではないですが。
しかし、こういう撮り方って、俳優さんは大変だろうなと思います。
だって、時間の経過とともに変化する自分の心情を行ったり来たりさせなくてはいけないのですから。

撮影がすべて終わったところでたい平さんにサインをしていただきました。
IMGP2517.jpg

自らフレームをタオルで拭いて、シールを貼っていただきました。
IMGP2520.jpg
IMGP2524.jpg

たい平号のできあがり。
IMGP2530.jpg

証拠写真も撮れたし、これでいつでもオークションに出品出来ます。
もし即決で欲しい方という方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。
応相談。^^
posted by tomochan at 19:21| 埼玉 ☔| Comment(2) | 映画『おくれ咲き』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする