2017年04月06日

あまりに長閑で白昼夢

ある晴れた日の昼下がりのこと。

ジロジロファームでの一仕事を終え、自転車で自宅に向かっていると

あ、猫が死んでいる?
CIMG8415.jpg


近づいてよくみると、死んでいるのではなくて、お昼寝中の文学猫のブンちゃんでした。
CIMG8417.jpg

何も道の真ん中で昼寝をすることはないと思いましたが、この日の寝場所はまだ良い方。

ブンちゃんの寝場所といったら、

湿った畑の上だって
RIMG1668.jpg

草むらの中だって
CIMG1524.jpg

たとえそれが雨に濡れた水滴だらけの草むらだとしても
RIMG2063.jpg
たまらずうっとりとしてしまうのです。

「あるはずのないユートピアだけどミーはそれを見つけたのニャ」
CIMG1207.jpg
「ミーにとっては、ミーが居るところはどこでもユートピアニャのだ。
つまりミートピアだニャ」


「ハイ、横、通りまーす」
このような場合の自転車乗りのマナー?を思い出して、声をかけてそーっと通過。

通り過ぎた後、振り返って見ると、ブンちゃん、今度は寝返りを打って気だるそうにこちらに顔を向けました。
CIMG8418.jpg

そのまま動き出しそうもなかったので、少し写真を撮らせてもらうことに。
CIMG8422.jpg

CIMG8432.jpg

「オミャーは今、猫は気楽で良いなあと思ったニャロ。」
CIMG8436.jpg
こちらに語りかけるように、ふと、顔をあげるブンちゃん。

さすが文学猫は人の心が良くわかる。

「うらやましかったらオミャーもあくせく動き回ってニャいで、日がな一日のんびり昼寝でもしてればいいのニャ」

「ニャに?将来のんびり暮らしたいから、今のうちに働いているんだと?
だったら、ミーみたいに今からのんびりしていた方がよっぽどいいのニャ」

「モー」
20170405-_IGP2891.jpg
田島坂の牛

そんな白昼夢を見てもおかしくない、うららかな春の一日でした。
posted by tomochan at 19:36| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする