2017年03月14日

気になる木 U

前回、荒川河川敷の気になる木をご紹介しましたが、他にもまだ気になる木があるので懲りずにまた記事にします。

以前記事にした今市の高蔵寺のヤドリギ。
CIMG7772.jpg

この周辺には他にもヤドリギが生えている木が何本かあります。
CIMG7637.jpg

ヤドリギも気になるというか、木に生るというか、不思議な植物ですね。

そんなヤドリギを観察しているときに、また、気になる木を見つけてしまいました。
001.jpg

よく見える場所に移動
002.jpg
それは、小川町高見の四ツ山の頂上の木でした。
RIMG3165.jpg
なんで、あんな形をしているんだろう?

先ほどまでの晴天が、打って変わって雪でも降りそうな空模様になってしまいましたが、どうしても気になるので、仕事を早めに切り上げて見に行くことにしました。

登り口の方は東側なので、夕方は太陽の反対側で薄暗く、寒い
003.jpg

前回、訪れた時には気づきませんでしたが、四津山神社への参道が階段になる手前に「犬走り」との説明書きがある小径が左方向に延びていました。

004.jpg

005.jpg
おもしろそうなので、こちらを通って頂上にたどり着けないものか、行ってみることにしました。

四ツ山の犬走りは、建物の外壁の周りに作られる犬走りと同様、人一人がやっと通れる程度の広さの小径でした。
006.jpg

この犬走り、どうやら山の斜面に対し水平方向に作られているようで、いくら行っても頂上に登ってゆく気配がありません。
結局、四ツ山の反対側まで進んだものの、そこで犬走りは消滅。
そこから、いっそ頂上まで直登してしまおうかとも思いましたが、靴が汚れるのでやめました。^^

来るときに、二股に分かれる道があったので、そこが頂上に至る道だと思い、そこまで戻って、今度はその道で頂上を目指しました。
007.jpg
倒木などで、道はあれていましたが、登ること数分で頂上に到着。

おー、この木か!
008.jpg

しめ縄などが張られて、ご神木のように祀られているのかと思っていましたが、ごく普通の木だったのでちょっぴり拍子抜け。
009.jpg

気を取り直して、せっかくだから頂上を探索していこうっと。

四ツ山は城跡だったのです。
010.jpg

こう地形図で眺めて見ると、なかなかの山城だったようです。
011.jpg

頂上からは南は笠山、堂平、東は関東平野とその先の筑波山、北は赤城というように、西側を除いて良い展望が獲られます。

笠山と堂平山
RIMG3205.jpg

東京スカイツリー
012.jpg

都心のビル群
013.jpg

渡良瀬川上流安蘇の山々
015.jpg

赤城山
014.jpg

栃木の佐野方面
RIMG3206.jpg

四ツ山.jpg
こちらの地方は、上の画像にもあるとおり、みかも山や大平山などカタクリや桜の名所があるので、行ってみたいのですが、なかなか実現しません。
直線距離で測ると、四ツ山からはわずか40数キロ程度なのですが。

後日、四ツ山の変わった形の木は、川本の植松橋からも見えることがわかりました。
017.jpg
まあ、こんなものはごく一部の人間にだけ見えるのであって、普通の人に目には見えないとは思いますが。

ヤバイ、こんなことしている場合ではない。
WBCのキューバ戦見なくちゃ。
posted by tomochan at 19:34| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする