2016年04月02日

サクラ咲く

3月26日 鉢形城址のエドヒガンザクラがほぼ満開。
001.jpg

3月29日 花園橋付近の荒川段丘崖の桜が満開。
002.jpg
この桜は花園橋から見える四本の自生の桜のうちの一本で、一番目立つ木です。

早朝、歩いて近くまで行ってみました。

崖の下で朝日を浴びてほとばしる湧き水。
IMGP7716.jpg

樹高は20mはあろうかと思われる大木。
003.jpg

004.jpg
私有地だと思うので、下までは行きませんでしたが、遠目に見ても立派な姿の木でした。

もう一つの桜。
005.jpg

006.jpg
最初の桜と同じく、ソメイヨシノではないヒガンザクラ系の種類のようです。

桜といえばソメイヨシノと言うくらい、ソメイヨシノは有名で、国策として植えられたせいか桜の名所と呼ばれるところもほとんどがソメイヨシノのようです。
パッと咲いてパッと散るのが桜と言いますが、ヒガンザクラ、山桜、さらに八重桜なども含めると、桜のシーズンって意外と長いですよね。


さて、この春、咲いて一番うれしかったのは、こちらの桜。
008.jpg
第2ジロジロファーム(そんなのがあったのです)に一昨年植えた桜が初めて花を付けたのです。

009.jpg
まだ周りの桜たちに圧倒されていますが、そのうちに立派な垂れ桜になって行く人を楽しませてくれたらと思っています。
私も、見られたらいいなあ。^^

今年は更にもう一本桜を植えました。
010.jpg
場所は第3ジロジロファーム(無理矢理命名)
ここは、昔は村はずれだったところで、以前記事にしたこともある馬頭尊のある場所です。
この馬頭尊は、文化だったたか文政だったか忘れましたが、いずれにしてもそのころ建てられた馬頭尊で、うっそうとした雑木林の中で200年間のんびり過ごしてきたと思ったら、一昨年突然辺りの山が切り開かれて、白日の下にさらけ出されてしまったという気の毒な馬頭尊なのです。
それで、道の反対側からとは言え、少しでも日影を作ってあげられればと思って桜の木を植えてみたのです。

ここに植えたのは吉野桜という種類。
吉野山の桜と同じかはわかりませんが、何年か後が楽しみです。


タマネギ試し堀り
015.jpg
今年は成長が早いようです。

家に帰ると見知らぬニャンコが台の上でくつろいでいます。
011.jpg

あのー、その台は一応小鳥の餌台にと思って置いたんだけど。
012.jpg

ニャニか言ったかニャ?
016.jpg
posted by tomochan at 19:22| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 植物をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする