2016年12月08日

なかなか当たらんもんじゃねえ


ここのところ夕方になると毎日のように飛行機が夕日に輝いて見えます。
000.jpg

このまま行けば、折しも天高く上って来た月と重なるのでは?
0000.jpg
残念。

次の日
001.jpg

当たれ、当たれ!
002.jpg

はずれた!
003.jpg

そして、今日。
005.jpg
はずれた。

なかなかうまく当たらんもんじゃんねえ。(すずさんの広島弁風?)

当たらないと言えばこちらもなかなか当たりません。
RIMG2738.jpg

今日は良いカブに当たったんですけどね。
007.jpg

008.jpg
お尻ではなく、ハートの形です。
二つがくっついて一つになったようです。

これが本当の株だったら良かったんですけど。

ここのところ続いている強い北風を受けてもまだ落ちない我が家のモミジ。
IMGP1796.jpg
なんか縁起が良いような。

年末ジャンボは黄色い袋に入れて部屋の西側に置いておくことにしましょう。


今日はこの冬初めて北の山がきれいに見えました。

雪をまとった谷川連峰
IMGP1798.jpg

009.jpg
posted by tomochan at 19:11| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

困った贈り物(閲覧注意)

今日の写真は閲覧注意。
両足を広げ、仰向けのあれれもない姿は人によっては不快と感じるかもしれませんので、事前にお断りしておくのであります。


師走の声を聞き、お歳暮を配達しているのかペリカンやらクロネコやらが慌ただしく走り回っています。
私などまだお歳暮のカタログさえ開封してないというのに、あるところから早々にお歳暮をいただいてしまいました。

それは、玄関先に置いておいたハイビスカスの鉢を家の中にしまおうとしたときに気づいたのでした。
RIMG2669.jpg

受け取りのはんこは押さなかったので確かではありませんが、配達してくれたはおそらくモズ便。
モズのマークの宅配便?
ではなくて本物のモズ(百舌)ではないかと思うのです。

なぜなら置いていってくれたのがこのようなものだったからです。(閲覧注意

RIMG2675.jpg
裸のカエル(当たり前か)が両足を広げ、仰向けのあれれもない格好で鉢植えの木に刺さっていたのです。

送り状代わり?
RIMG2674.jpg
隣の枝には鳥の羽毛が付いていました。


このカエルのようにモズが餌となる生き物を木の枝などに刺しておくという習性は、速贄(はやにえ)と言われているそうです。
その速贄がなぜ私への贈り物?

モズのこのような習性は冬場の食料の確保のためと思っていましたが、改めて調べてみたところ(ネットの情報ですが)必ずしもそういった理由ではなく、実は良く解明されていないそうなんです。
確かにせっかく捕獲した餌の隠し場所としては、人間が常に出入りしている玄関先の鉢植えは、モズにとってはリスクが高すぎます。

カエルはモズにとっては大切な食料。
それをわざわざ人間の住み家、しかも玄関先まで運んでくるのだから、きっとそのモズは感謝の印を示したかったのに違いないと考えたのです。

しかし、モズに感謝されることなどしたかなあ?
心当たりがあるとすればこんなところでしょうか。
RIMG1448.jpg
この春、モズの写真をたくさん撮ってあげたことがありました。

RIMG1432.jpg
同じモズだと思うのですが、一週間くらいほぼ同じ場所でさえずっていたのです。

RIMG1421.jpg

RIMG1437.jpg

このような考えはちょっと買い被りすぎだったでしょうか。
となると「嫌がらせ説」というのも考えられます。
「あそこの家の住人には今年もひどい目にあわされたから、気味の悪いものを持って行ってやれ」
こっちの理由の方が当たってたりして。^^

何しろウチの奥さんは虫やカエルが大嫌いだし、鳥の種類こそ違いますが、かつてスズメと大バトルを繰り広げた経歴の持ち主ですからね。
バトルの記事

posted by tomochan at 19:40| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 野鳥をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

「この世界の片隅に」


今日は映画を観てきました。
帰りの車内から三日月が見えたのでパチリ。
CIMG7278.jpg
看板のすき間から見えた三日月というだけで、特に意味はありません。

観た映画は「この世界の片隅に」
初めは「君の名は」を観るつもりだったのですが、どういうわけかこちらの作品に。
結果はオーライ。
映画が終わったあと、しばらく動けませんでした。
普通のエンドロールに加え、この作品はクラウドファンディングによって制作されたとのことなので、その支援者の氏名がしばらく続いたので、オヤジの泣き顔を世間にさらさずに済みました。
アニメ映画を映画館で観るのは子供が小さいときに観た「隣のトトロ」以来?
この作品に限らず最近のアニメは「アニメ」と一言でかたづけられないほどのすばらしいできばえの作品が多いようですね。

映画は、いつもボーッとしている主人公のすずが、生まれ故郷の広島から呉へ嫁いでいき、そこで戦争、そして原爆に巻き込まれながらも生きてゆくという物語。

挿入歌の「悲しくてやりきれない」が良かったです。
オリジナルはおじさんたちのには懐かしい、ザ・フォーク・クルセダーズですね。
物語では戦争でたくさんの人が死に、本当に「悲しくてやりきれない」のですが、それでも夫婦愛、家族愛、兄弟にあふれ、救われた思いがしました。
きょうは一年分の涙を流した思いでしたが、隣の連れを見たら、そうでもなかったようで、こんな思いをしたのは自分だけだったのかなとちょっと疑問に。

次は当初の予定だった「君の名を」観なくては。
もう終わっちゃうのかな。
posted by tomochan at 22:11| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

雀宮公園と寄居の山の紅葉



月曜日、寄居の正喜橋の袂のセブンに寄った時のこと。
セブンカフェのついでにすぐ近くの雀宮公園に行ってみました。
001.jpg
以前も紹介したことがあっと思いますが、この公園は歌舞伎役者の七代目松本幸四郎の別邸だったところ。
有名な歌舞伎役者の別邸がなぜ寄居に?
今では想像も付きませんが、そのむかし、荒川は波久礼から玉淀にかけて船下りなどもあって、東京方面からの観光客がたくさん訪れて、大変な賑わいだったのだとか。

さて、その雀宮公園。モミジがきれいなところなのですが、なかなかちょうど良いタイミングで鑑賞したことがありません。
何しろ今年はすでに積雪までしてますので、例年以上に期待薄です。

サザンカと紅葉のコラボ
002.jpg

やっぱりちょっと遅かったでしょうか。
003.jpg
モミジの下は落ち葉でいっぱい。
下り坂の先に荒川が見えています。

内務省と刻んである水準点らしきもの
002-2.jpg

まだ青々と葉っぱをつけたモミジもあります。
005.jpg

坂道を下って来たところ。
006.jpg

荒川の崖の上なので荒川が一望できます。
004.jpg

自然の谷を生かして、かつては池にしていたようです。
006.jpg

両側は自然の崖。
007.jpg

谷の中心に木製の電柱がポツンと。
008.jpg

崖の途中に生えた未生のモミジ。
008-2.jpg
たくましいですね。

先客がいました。
010.jpg
ニャンコの後ろに見える崖は対岸の崖

自然の崖に接続して築かれた石組み
009.jpg

今年もまたタイミングをはずしてしまいましたが、とりあえずここの紅葉を見ることができました。


このあと、市街地に行ったついでに天沼陸橋に上って上ってみました。
「花の兄」の映画を見て、ある新聞記者さんが「寄居は杉や桧などの植林地が多くて残念」とおっしゃっていたのを思い出したからです。
011.jpg

まあ、多いと言えば多いけど、広葉樹林も結構ありますよねえ。
013.jpg

車山はほとんどが広葉樹林。
014.jpg
おっぱい山がちょっとだけ見えてます。

この山の杉や桧なんかは、私の祖父などが音頭取りをして植えたものかもしれません。
012.jpg
以前、母の生家の片付けをしていた時、住民総出で植林していた当時の写真が出て来ましたから。

記者さん曰く、「東京に近いところでも人工林などない、寄居よりもずっと豊かな里山を持っているところがある」と。
でも、耕地が少ない金尾や風布といった山間部では、林業に頼らざるを得なかった時代もあったということではないのでしょうか。
posted by tomochan at 20:30| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

雪のジロジロファーム便り

今回の雪にはびっくりしました。
001.jpg

長年人間をやっていますが、11月に雪が積もるなんて初めてです。
このあたりでは、観測史上初と言うことですから、大概の人はそうでしょうが。
東京では54年ぶりとのことですから、東京で生活していたら微妙なところです。

柚に雪
002.jpg
こういう場面は今までも見たことはあります。

しかし、銀杏に雪なんてのは初めてです。
0001.jpg

皇帝ダリアに雪というのも初めて。
003.jpg

皇帝ダリアは秋の花ですからまだしも、どこかの地方では遅咲きのひまわりに雪が積もったなんて話も聞きました。

我が家でも、夏に実をつけたヘチマと雪のシーンが見られました。
004.jpg
ただ単に、時期の終わったヘチマの蔓を片付けなかったというだけの話ですが。


さて、雪に驚いてばかりではいられません。
収穫期を迎えた冬野菜の様子が気になるので、ジロジロファームに行ってみました。
005.jpg

黄色のモミジは葉がまだ残っていました。
007.jpg

赤いモミジはほとんど落ちていました。
006.jpg

ブロッコリーは雪の重みと寒さで元気なくしおれていました。
IMGP1609.jpg

大根も同じ。
IMGP1610.jpg
右側のレタスなどのトンネルは、前日に雪を除けていたのできれいです。

雪を取り除いておかなかったトンネルはぺちゃんこ。
009.jpg

雪をかき分けてみました。
008.jpg
やはり、ぺちゃんこで元気なくしおれたような感じです。
チンゲンサイやシュンギク、小カブなどですが、復活するのでしょうかね。
何しろ始めての経験ですからわかりません。

その点、野草はたくましいですね。
012.jpg
ヒメオドリコソウでしょうか。
雪の原にすっくと一本だけで立っていました。
posted by tomochan at 19:55| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

ニューバイクをゲット

二週間ほど前、ひょんなことから新しいバイクを購入することになり、先日引き取りに行ってきました。

久しぶりに乗る秩父線。
001.jpg

とある小さな駅で下車。
002.jpg

そこから徒歩で販売店に向かい、待望のニューバイクの引き渡しを受けました。

今回のバイクは、バイクといっても純粋な自転車ではなく、フレームにも書いてあるとおり第二種原動機付(124cc)自転車であります。
000.jpg
年のせいで自転車が漕げなくなったというわけではなく(ちょっとあるかな)前から欲しかったバイクなのです。


全貌
003.jpg
ホンダ TL125といいます。
後ろのお城ほどではないですが、相当昔のバイクです。
と、書いたあと気になって調べて見たら、バイクもお城もどちらも同じ1988年製でした。^^

その頃、中学生だった私は、近所のお兄さんが乗っているのを羨望の眼差しで見ていたものでした。(あれ?ちがったかな?)
ともかく、そのくらい昔から欲しかったバイクだったのです。
それが、たまたま通りがかった道路脇の自動車屋さんに展示されていたのを見つけ、ほとんど衝動買いのように購入してしまったのです。
いずれ、シクロクロスかランドナーのような不整地も走れる自転車でも買おうと思って貯めていたお金でゆっくり買えるほどの破格も安さだったのも決め手でしたが。

このバイクは崖や階段などの障害物を乗り越えるトライアル競技用のバイクの派生モデルで、野山をのんびりツーリングするのに最適なので、当時はトレッキングバイクなどと呼ばれていました。
なお、カラーリングは同じくホンダのトライアルバイクTLR200風にされていますが、オリジナルの白いガソリンタンクもつけてもらいました。


何十年ぶりのバイクなので、あまり車の通らない道を選んで帰りました。

涙橋跡?
004.jpg
この後悲劇が待ってなければ良いのですが。

ちなみにナンバーも「ロミオ」だし
0000.jpg


CIMG7224.jpg

005.jpg
堤防ばっかり^^

オフロードバイクなのに汚れるのがいやなので、得意の超低速で水たまりをよけて走ります。
006.jpg

明戸の堰に着いてひと安心。
007.jpg
ガソリンタンクからシート、そしてリアフェンダーにかけての曲線が美しい!
とひとりうっとりと眺めます。
30年近く前のバイクとは思えないほど程度も良好です。

そしてジロジロファームに到着。
008.jpg
前オーナーから「シートが薄いのでお尻が痛くなるかも」と言われましたが、ロードバイクの堅いサドルに比べたらソファに座っているようで、全く痛くなりませんでした。

荒川に行って岩の上に登りました。
010.jpg

今のところ30cmくらいの高さで精一杯です。^^
011.jpg

いろいろ忙しいし、これから寒くなるし、これから先どれくらい乗れるかわかりませんが、ずーっと欲しかったバイクを手に入れることができて、ちょっぴりうれしい一日でした。
posted by tomochan at 19:54| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

山羊に紅葉



今朝の当地は初霜でした。
1.jpg

特にそれほど冷え込んだような気はしなかったのですが。
2.jpg

日記を見ると去年の初霜は11月28日ですから10日も早いことになります。

ジロジロファームの紅葉もいよいよ色づいてきました。
3.jpg

「メイちゃんもっとこっち、こっち」
写真を撮ってやろうと思って指示を出してもしかと
ヤギだからヤギとか?

花札で10月の札はそっぽを向いた鹿と紅葉なので、相手を無視することをしかと(鹿10)と言うようになったんだそうです。
5.jpg

この札の起源は「奥山にもみぢ踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋はかなしき」という百人一首にも納められている歌かと思ったら、近松門左衛門の「十三鐘」という浄瑠璃から来ているのだそうです。
調べてみたらとても悲しい物語でした。
それに比べたらこっちのヤギはの脳天気でいいなあ。

あ、動くな!そのまま、そのまま
4.jpg
ちょっと似た写真が撮れました。^^

posted by tomochan at 20:22| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

今日の写真



スーパーいざよい
RIMG2553.jpg
早朝、西の空にうっすらとですが、十六夜の月が見られました。

自宅のブナも良い具合に色づいてきました。
IMGP1565.jpg

今日は仕事で毛呂山町でブルーベリー園を営んでいらっしゃるお宅を訪問しました。

薪を積み上げて冬支度です。
CIMG7145.jpg

ギンナン
CIMG7146.jpg

ご自宅の周りが自然公園のようで、羨ましくなるようなロケーションでした。

お茶飲み話の時、ご主人が私が寄居から来たことを思い出してくれて、映画の話をしてきました。
「寄居で撮った映画があるんだって?」
まさに「花の兄」のことでした。
昨日いくつかの新聞に掲載された先行上映会の記事をご覧になったようです。
ちょっと離れた場所でもこのように認識されていると思うと、ちょっとうれしい気分になりました。

帰りは初めての林道滝の入線経由で行くことに。

桂木観音下の展望台
IMGP1569.jpg

CIMG7149.jpg
なるほど、ここですね。スカイツリーと日の出が重なって見ることができる場所は。

今日もうっすらとスカイツリーが見えてました。
CIMG7148.jpg

帰宅してみると風のいたずらか、皇帝ダリアが倒れかけていました。
起こして支えの木を追加し、補強。
RIMG2559.jpg

高さ3m以上に成長し、まさに花の兄のようです。
RIMG2558.jpg

ミツバチも飛んでいます。
CIMG7156.jpg

そして飛行機も
CIMG7155.jpg
posted by tomochan at 19:39| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

「花の兄」先行上映会始まる

11月8日から映画「花の兄」の先行上映会が始まりました。
会場は深谷市にある深谷シネマ
001.jpg
元々は「七つ梅」という蔵元の酒蔵だった建物を改築したものだとか。

花の兄という言葉は梅の花の異名ですから不思議な縁を感じます。
IMGP1432.jpg

会場のホール。
002.jpg

出演した熊谷真実さんが駆けつけてきてくれました。
監督と感激の再会。
004.jpg

熊谷さんは飾らない人柄なので周りには自然と人の輪ができていました。
003.jpg

さる紳士に名刺を渡されてます。
IMGP1185.jpg

「え、町長さんでいっらしゃいますか」
IMGP1189.jpg
と、おっしゃていたのかわかりませんが、とにかく表情の豊かな方です。

表情と言えば、同じく出演いただいた桐原三枝さんも見事でした。
IMGP1336.jpg
素人の私が言うのもおこがましいですが、今回の桐原さんの演技を近くで見せていただいてその演技力には驚かされました。

出演者の舞台挨拶です。
IMGP1278.jpg

「花の兄」三大美女の挨拶。
IMGP1228.jpg
左から桐原三枝さん、秋月三佳さん、熊谷真実さん。
秋月さんと熊谷さんはこの映画が初共演とのことでしたが、このあと11月24日放送のドラマ「科捜研の女」で共演をされたそうです。しかも親子役。
これもまた不思議な縁を感じます。

寄居町の花輪町長から花束と特産の風布のミカンがプレゼントされました。
IMGP1284.jpg
撮影拠点だった風布の分校の裏山で採れたミカンですね。

上映後は記念写真の撮影タイム。
花輪町長と出演者の皆さんと寄居フィルムコミッションの大橋代表。
IMGP1364.jpg
前の晩に大急ぎで作った看板が役立ちました。

あちこちで写真を撮られまくったあと、やっと開放された熊谷さん、皆さんに見送られてお帰りになります。
IMGP1416-2.jpg

この時、ある方が思いがけない行動を・・・
IMGP1413.jpg
ほのぼのとしたとても良いシーンだったのですが、詳しくお見せできないのが残念です。
熊谷さんの表情を見て想像して下さい。^^



IMGP1427.jpg
この後、夜の部には出演した子供たちとその家族のみなさんなどが訪れてくれて盛況のうちに終了したのでした。

受付のもぎり役のおねえさん。
IMGP1455.jpg
最後にひとこと言わせて下さい。
「もぎりよ、今夜もありがとう」
結局これが言いたかっただけだったりして。^^
posted by tomochan at 20:07| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 花の兄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

江南スタイル・ジロジロ日記、同一人物疑惑

先週の土曜日、所用で旧江南町の須賀広というところに行きました。
早めに用事が済んだので、帰りながら久しぶりに江南スタイルの看板を見に行くことに。
一年以上来てなかったけど、今もまだ続いているのだろうか。

ちょっと心配でしたが、神社に着いてみるとこのとおり。
002.jpg
やはり、この看板がないと寂しいのです。

いつの間にか宇宙遺産の認定はZにまで達していました。
001.jpg
私が最後に見たのは確か29号。
その後どういう変遷を経てZに達したのか、いつの日か調査に再訪したいと思います。

塩の大榎に里山の守護霊、神体が宿ったとのことです。
003.jpg
ちなみに榎木の幹に写っている人の顔のような像はカメラマンのもので、守護霊ではないです。

と、まあここまでは内容こそ違えど看板類は以前と変わらない様子でした。

ところが、こちらものものはこれまでと少し方向性が変わってきたような感じです。

以前の和田川水神御神体
004-1.jpg

神様の材質が石、陶器、プラスチック系から時代の趨勢か木質系に変わってきてました。
004-2.jpg
ていうか、あれって流木じゃね?
しかも、私のコレクションの傾向に似ているし。

流木と言えば、今まで何回かこのブログでも紹介したように、私も少しばかりのコレクションを保有しています。江南のご神体はそれにどこか似ていると思うのです。

たとえば上の写真のようなオブジェ系のもの
008.jpg

Y字系(以下、上が江南スタイル、下が荒川スタイル)
006.jpg

panelimg.jpg


珍獣系
005.jpg

012.jpg


地を這う大型怪獣系
007.jpg

011.jpg

うーん、まずい。
このままでは江南スタイルとジロジロ日記の運営者が同一人物ではないかとの疑惑を招かないとも限りません。
かくなる上は、別人物であるとの証明をすることにします。

証明1
以前も記事にしたこの流木。
015.jpg
もし江南スタイルの方であれば、ご神体として絶対陳列するでしょう。

今はどうしているかというと、メイちゃんが小さいときに住んでいた小屋にちゃんと入れてあります。
016.jpg

証明2
これだって持っていたら飾りたくなるでしょう。
013.jpg
Y字どころか三本足ですもの

三通りそれぞれ違う見方ができるので、三面家族像と命名しました。
014.jpg

証明3
これもきっと飾りたくなるはず。
017.jpg

018.jpg

「江南スタイルは秘宝館ではない!」
と、怒られそうなのでこの辺でやめておきます。
posted by tomochan at 20:24| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 看板・張り紙をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする